LOADING...

株式会社マイグローバル・ジャパン

MENU

海外で生活する前に知っておきたかったコト!Overseas Tips

9月2019

帯同する奥様は不安がいっぱい(海外引越よもやま話)

2019.09.11

家族の適応が海外勤務の成功要因!?

 

海外進出企業のメンタルヘルスケアを専門に行っている株式会社MD. ネットの調査によると、「夫が海外転勤を命じられた場合2人に1人が帯同しない」という結果が得られているそうです。こんな情報を知りたかったのでとてもありがたい調査です。下の図を見てください。

 

参考: 2011年8月「帯同への意識調査」株式会社MD. ネットより http://www.md-net.co.jp/globaliq/images/glbiq-2.pdf

 

 

この調査によると7割以上の奥様が夫の海外赴任に対してネガティブなことがわかります。

 

ガーン( ゚Д゚)・・・

 

海外引越会社としてはそろそろ、近年赴任者も増えており、海外駐在することはあまり抵抗がない時代になったと思っています。

確かに2011年と少し古いデータのため、今は少し変わっているのかもしれませんが、でも55%の奥様が夫に帯同したくないと思っているのは衝撃でした!!!

 

何故、奥様は帯同したくないのか?

20代から50代の既婚女性320人(東京都内23区 在住,2011年8月インターネットによる調査)

参考: 2011年8月「帯同への意識調査」株式会社MD. ネットより
http://www.md-net.co.jp/globaliq/images/glbiq-2.pdf

 

 

「海外に帯同しない」と答えた女性の理由の1位は(87.0%)子供の教育問題。確かに海外だと勉強環境も異なるし、

特に東南アジアだと英語圏でもないので帯同させてよいのか不安になるはず・・・。

 

個人的に気になるのは、(63.3%)の安全面で不安だから・・・。

 

これは、工夫次第で回避できそうですね。安全面に関しては少しでも現地の情報を得るとかなり和らぐはずです。

情報を知っているのと、知らないのでは天地の差です。

 

夫の会社の人とも始終会えるわけでもありませんし、引越したらその日から情報のライフラインが必要ですよね。

 

 

日本人対応はマイグローバル・ジャパンならではの海外引越サービス

マイグローバル・ジャパンの海外引越サービスでは海外側でも日本人による立ち合いが標準サービスとなっています。

そのため、奥様だけでもお荷物を届けもらうことが可能です。

 

さらに、日本人スタッフは現地に駐在しており、そのため現地に精通してるんです。

弊社グループの現地スタッフの中にはローカルの奥様と結婚し、長く現地に住んでいる者います。

 

だから現地情報にはかなり詳しいんです~。

 

治安情報や買い物場所なども、なんでもかんでもスタッフに根掘り葉掘り聞けちゃうんです。(*´Д`)

だから、赴任したばかりの人でも安心して現地生活がスタートできちゃうんです。

 

もし、夫の海外赴任に帯同することになったら・・・。

 

その場合、治安などの不安がなくなるだけでも、かなり明るいスタートが切れると思いませんか?

奥様!海外生活が決まったら、まずは私たちにご相談ください。

 

弊社なら海外側で世話焼きのスタッフが、色々と奥様の不安に答えてくれるはずです。

だから、奥様の不安も解消間違いなし!!!

 

カテゴリー :

その引越し会社、希望日に引取りができますか(海外引越よもやま話)

2019.09.09

 

 

 

 

大手引越会社の場合、最も大切にするのは、既存の取引先企業

 

海外への赴任は前もって、2カ月くらい前に会社から辞令でるのと、出ないのでは赴任者にとって引越業者選びが極めて困難になります。

日本から海外に引越する場合、繁忙期は2月3月。その次に7月,8月が9月の赴任に向けて混雑します。

近年では、引越難民の問題もあり1月から海外引越の依頼が増えている傾向になります。どの企業も混雑を避け、引越難民にならぬように時期を分散させているように伺えます。

 

とはいうものの、赴任者の異動シーズンは重なります。特に大手物流会社がおこなう引越サービスにはお問い合わせが殺到することは間違いありません。

繁忙期の時期に、大手に海外引越しを依頼しても、対応してくれる可能性は低いと考えられます。

 

なぜなら、大手引越会社の場合、最も大切にするのは、既存の取引がある企業だからです。

だから、間違いなく取引先を優先して手配します。

 

そのため、初めて問い合わせ方や個人負担での引越の方はできるかぎり後回しにしたいはず。

となると、希望する見積り日や引取り日など融通が利くはずがありません。

 

確かに大手物流会社が行う、海外引越しサービスはネームバリューもあり信頼できそうな感じがします。

しかし、その一方で取引先優先であり、どうしてもお客様のニーズに合わせての対応を難しくなります。

 

そうなると、杓子定規な対応をされることも多いはず。

もし、希望日の対応が難しい場合、弊社のような小さい会社と大手の両社に見積など依頼をしてみると、サービスの違いはわかるかもしれません!

 

(編集:マイグローバル・ジャパン)

広報担当:高山

 

カテゴリー :

海外引越の荷物に税金がかかるのか!?(海外引越よもやま話)

2019.09.05

引越家財はUSEDである意味

通関事情を熟して海外引越をしている方は少ないと思います。もしも、引越荷物がUSED品として認められなければとてつもない関税が必要なってしまいます。

 

例えば、趣味でそろえたスニーカー20足。もし新品であったら関税が掛かってしましますよね。そのため、海外引越の荷物って、「本人から本人へ送る使用中の家財」として送っているんです。

 

また、発展途上国では、使用中の家財であっても、ゴルフなどの贅沢品、家電製品、家具で関税がかかかります。

 

だから、大量の引越家財を運んでも世界中で無税扱いとされているのが大半です。そのため、引越家財を非課税対象にするために、長期滞在ビザを原則取得していることが必要になります。国によっては、労働許可証も一緒に必要なことがあります。それらが無いと、引越家財を通関できないのでご注意ください。

 

それらは多くは自国産業を守るために課税が発生しています。だからこそ、必ず使用する海外引越会社に通関事情を詳細に確認する必要があります。

 

詳しくは弊社にご相談ください。

 

(編集:海外引越のマイグローバル・ジャパン)

広報担当:高山

カテゴリー :

間違って送られてしまった海外引越家財!?(海外引越よもやま話)

2019.09.04

頼んでいない必要ない引越家財が届いていた(*´Д`)

 

これは私が海外側で引越業務を行っていたときの話です。実は赴任してみると分かると思いますが、日本人のコミュニテーて意外と狭いんです。

だからこそ、ちょっとした情報や噂は広まりやすいです。もちろん良い情報も悪い情報もです。

 

今回、私が海外側で配達時に奥様より聞いたお話ししたいと思います。

国にもよると思いますが意外に頻繁におこっているようですのでご紹介したいと思います。

 

日本から海外に赴任される場合、会社の規定量に入りきれない荷物の問題が浮上します。会社で倉庫保管が許されている方は特に問題はないのですが、倉庫保管が認めあれていない方は荷物の処分に困ります。

多くの人は実家に送るか、廃棄処分する方がほとんどです。

 

海外引越をするときは、海外便と国内引越分を同日におこないます。

この度、登場する奥様仮に大久保様とさせてもらいますが、この方のエピソードを紹介します。

 

この大久保様。3月の海外赴任シーズンに台湾へ海外引越しなければならなく、1つの海外便は台湾へ、国内便は大阪府へと荷物を引取ってもらったらしいのです。

 

そして、台湾に渡航。お子様のお荷物が無く不便な中、何とかやりくりをしながら船便分を待ったそうなのです。

1ヶ月近くが経過し、ようやくお荷物が配達されることになりました。

 

大久保様のお子様も遊び盛り、おもちゃを楽しみに待っていたのです!

そして、引越会社がお荷物を開梱。

 

しかし、”おもちゃがない”ではありませんか ( ゚Д゚)

おもちゃの代わりあったのは大阪の実家に送ったはずの椅子4客・・・。

 

大久保様のかなりがっくりな様子。子供は泣きだす。怒り出す!

まさか、信頼していた大手引越会社。こんなことがあるなんて・・・。

 

私もこの話を聞いたとき、お子様が小さいだけに可哀そうだなと心底思いました。

大手企業だからと言って全て信用しては駄目ですね。

 

その後の対応も重要。トラブルが発生したと、海外側で引越会社が真摯に対応してくれるか。

それによって心がかなり救われるものです。

 

海外引越会社、選びは少々深いです。

 

(編集:海外引越のマイグローバル・ジャパン)

広報担当:高山

カテゴリー :

女性必見!海外生活面の安全対策

2019.09.04

女性必見!生活面の安全対策

希望が膨らむ海外生活ですが、日本と同様の意識ではいけません。そこで今回、とくに引越が済んだ後に強烈に意識しなければならない内容を取り上げたいと思います。

 

まずは周囲の環境を知ること!

まず自宅周囲の環境を知ることが何よりも先決。狭い通りや人気の少ない場所。例えば一方通行などの道路事情など、地域に長く住まないとわからないことが沢山あります。知り合いなどにしっかりと教えて土地に情報を教えてもらうことが大切です。見知らぬ地で土地勘がない場合、現地ビギナーだとばれやすいので注意しましょう。

 

ライフラインを押さえること!

ついたらまずすることは、警察,病院,消防などの位置や連絡方法・利用方法を確認することです。の知人宅の位置,連絡先も確認しておくほうがより安全です。思わぬトラブルに巻き込まれることや、怪我や病気になること。さらには火災に巻き込まれる可能性もあります。日本の常識は世界の非常識。何があったもおかしくありません。そのためには海外生活で初めにやるべきとは、ライフラインを押さえる。これにつきます。

 

現地の習慣や価値観に配慮すること!

海外生活は文化も宗教も異なる国で生活します。そのため、現地の習慣や価値観を考慮する必要があるでしょう。日本では当たり前の恰好でも、派手な生活や現地の人々の反感を買う場合もあります。さらに良好な人間関係を保つように努力することも重要です。 日本では新しい住宅に移り住む時,ちょっとした手土産を持参し近所に挨拶して回りますが,海外においてはそのような習慣はありません。

しかし,地域の習慣にもよりますが,敷地内に勝手に入ったことで気分を害する人もいます。管理人など先方が信頼している人と一緒に挨拶に行ってみることも効果的かもしれません。

 

下記のサイトには詳しい情報の掲載があります。

(海外赴任者のための安全対策小読本 「外務省 領事局 邦人テロ対策室」

 

 

海外側でも日本人が対応してくれますか?(海外引越よもやま話)

2019.09.03

意外に知らない日本人が対応してくれないリスク

赴任されたことがある方ならご存じだと思いますが、これから赴任される方、もしくは駐在妻の皆様。日本人の対応がある無しについては注意が必要です。

 

その理由は簡単!海外引越会社にそもそも海外拠点がないこと。そのため、代理店などを使用している。さらには、海外で日本人スタッフを雇うと、コストも高くなるため、コスト削減のため近年では日本人スタッフを使用しない海外引越会社が増えています。

そこで注意が必要なのは、本当にご使用を考えている海外引越会社が、現地側はきちんと日本人対応してくれるのか、どうかということ。

 

もはや日本人対応は有料サービス!?

ひと昔前では、日系会社の海外引越サービスは日本人対応は当たり前の世界でした。ところが、今や海外での日本人対応はオプションサービス。本当にこれから使用を考えている赴任者の方は海外で本当に日本人が対応してくれるのか確認したほうがいいです。日本人の対応は無いけど、ローカルスタッフの日本語対応だったりしますので注意してください。

 

やっぱり帯同世帯や駐在妻には日本人対応が人気

英語に自信がある駐在妻もローカルの言葉はやはり苦手。もちろん中国語も難しい。そんな場合。どうしても日本人スタッフの対応があれば有難いですよね。はやり、ローカルスタッフだとちょっとした聞き間違いなのでトラブル発生の恐れがあります。また、長時間の間、ローカルスタッフだけだと少し不安もありますよね。そんな時、引越しの日本人スタッフが海外でもいると本当に安心します。だからこそ、最初から最後まで日本人が対応していることを望む駐在妻は多いんです。

 

 

カテゴリー :

お問い合わせContact

海外引越し・国内引越しのことならなんでも、
お気軽にご相談ください。